2005年07月02日

ライフ 1


ライフ (1) (講談社コミックスフレンドB (1296巻))

ライフ (1) (講談社コミックスフレンドB (1296巻))

  • 作者: すえのぶ けいこ
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2002/08/09
  • メディア: コミック






壮絶なるイジメ、それから逃れたいと思う心が自分を切り刻んでいく。読み進めるのが辛くなるほどまで重いテーマ・リストカット、本当に痛々しいです。
このシリーズは、コミックの下に付いてくる帯の煽り文句が巧いと思いますね。私も最初は気にもしていなかったのですが、恋愛と仕事の両面で苦しくなってきて「自分は誰にも必要とされていないいんじゃ」とか考えるようになってしまった時、この帯を見たら何が何でも読まなきゃって思って買ってしまいました。

ストーリーは完全に共感系、イジメられた事があるならば理解できるますね。買った当時ならば素直に共感できますけど、今の私が読んだらチョットなぁって思う部分が出てきましたね。
主人公の歩は、中学の時に親友のしーちゃんに裏切られてからリストカットを始めますが、しぃちゃんの気持ちの方が共感できるようになってしまった自分がチョット恐い...
歩はしーちゃんの事を親友だと思っていたけど、それは依存しているだけですね。「私の話を聞いて」っていうのばっかで、しーちゃんの気持ちを考える所が欠けていたようにも見えます。友達ってのは自分の話をしてばっかじゃダメ、相手の話を聞いてやるのが普通です。ただ、痛い人はソレがわからないのですね。


そういえば、私の前のコミック担当者がこのマンガを異様にプッシュしていました。「このマンガおもしろいんですよ〜」と言いながら、笑顔で平台に積んでいるんですけど、その手首にまかれた包帯がシャレになんなかったですね。このマンガの内容をしっていた人たちは、その姿をみて凍り付いていましたもん。あの人も病んでいたからなぁ。。。

posted by maki at 20:38 | 埼玉 ☁ | コメント(0) | トラックバック(1) | 別冊フレンド | 投票

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。