2005年10月25日

きせかえユカちゃん 6


きせかえユカちゃん (6) (りぼんマスコットコミックス―クッキー (1539))

きせかえユカちゃん (6) (りぼんマスコットコミックス―クッキー (1539))

  • 作者: 東村 アキコ
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2004/05/14
  • メディア: コミック






新キャラ登場から。今まで何度も登場してきた真澄君、普通のようにユカの授業や運動会に参加していますが、違う学校の生徒なんですよ。そんな彼のクラスメイトのゴスロリ登場。またまた個性の塊のようで、味がある突っ込みキャラ。7巻から活躍を期待!

恒例の好きなエピソード、やっぱり学校の運動会かな。騎馬戦をめぐるお話ですが、昨今の運動会じゃ騎馬戦や組体操の類はやらないそうですね。私は運動苦手だったからいい思い出もないから別に良いとして、運動が好きな子がかけっこを一緒に手を繋いでゴールインで納得するのかな。ちょっと今の教育は変、過保護というかやる気がないと言うか。
思いっきり話がズレましたが、今回はサダコがおお張り切り。とくればユカママも大暴れする事は間違いない。まさに私の笑いのツボをストレートに突いた渾身の一作。オチまでああくるとは、最高ですね。

今巻も巻末にスペシャル編、そして昔の東村作品が収録といった形になっています。本紙連載分の本編よりも、そっちの方が分厚いっていうのも何だかナァ。昔の作品は後で1冊に纏めてくれればいいのではと思いますが、商売の関係上キツイのかな。コミックの発売感覚も延びてしまうし、この本編・スペシャル編・読みきりって流れが一つのスタイルとして確立した感もありますね。

←5巻に戻る‖7巻に進む→


posted by maki at 22:43 | 埼玉 ☁ | コメント(0) | トラックバック(0) | cookie | 投票
2005年10月24日

きせかえユカちゃん 5


きせかえユカちゃん (5) (りぼんマスコットコミックス―クッキー (1500))

きせかえユカちゃん (5) (りぼんマスコットコミックス―クッキー (1500))

  • 作者: 東村 アキコ
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2003/10/15
  • メディア: コミック





いつか忘れたけど、遠い過去の思い出。たまたまcookieかった時の巻頭漫画が5巻収録の温泉スペシャル編、これを読んでからユカちゃんのコミックを集めるペースが一気に加速しましたね、だって人生は一度きりですから。いやぁ、「解脱するまで飲め」の台詞、酒の席では容赦なく使わせてもらっています。またユカママか、たまにはユカママ以外の事でも書くとしますか。

5巻の中心はシゲちゃん(お姉ちゃんの彼氏)にまとわりつくボイン撃退編。ボイン自身は既に3巻で登場済みだったのですが、5巻に入って積極的な攻撃をしかけてきた訳です。結局、まぁ偽パイだったのですけどね、ボインの巨乳も。だけど何故か切ないキャラなんだよねボイン、気付いたらレギュラーキャラに昇格、そして7巻にて(今は省略

5巻の名シーン:逆タイタニック

面白い。だけど、この話自体はこのシーンのためだけという感。ちょイマイチ。


←4巻に戻る6巻に進む→


posted by maki at 18:59 | 埼玉 ☁ | コメント(0) | トラックバック(0) | cookie | 投票
2005年10月21日

きせかえユカちゃん 4


きせかえユカちゃん (4) (りぼんマスコットコミックス―クッキー (1472))

きせかえユカちゃん (4) (りぼんマスコットコミックス―クッキー (1472))

  • 作者: 東村 アキコ
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2003/06/13
  • メディア: コミック






もうユカママにぞっこんなmakiです。このキャラを抜きにこの漫画は語れない。あまりにも強烈な個性の持ち主、他の漫画にも中々存在しないでしょう。もう完全に私のツボを抑えている、4巻はそんなユカママが大暴れする学芸会のエピソードから。

学芸会でやる劇の内容は桃太郎。何でもサダコは昔ヤクザ物の劇を子供達にやらせてPTAに乗り込まれたらしく、全然やる気をみせない。それに不満のユカがお家で愚痴ると、何とまぁ娘思いなお母さん、徹夜で劇の台本を書き上げる素晴らしい方です。翌日には演出をして劇をプロデュース、この時点でお腹が痛くて耐えられそうにも無い感じ。途中の練習風景や肝心の内容、どれをとってもユカママによるユカママのユカママファンの為のお話、もう最高杉で神がかっているね。

後半部分はウエディングドレス氏スペシャル、本編と打って変わって感動的なお話です。過去のトラウマが原因でオサレに自身を無くしたお姉さんが、ユカ軍団との出会いによって失ってしまった「楽しむ」というココロを取り戻す話です。
ギャグから真剣なストーリーまで幅広く楽しめるきせかえユカちゃん4巻。うちにあるのは誰かに飲み物をこぼされてカピカピになってしまったコミックです。これ、買い換えたほうがいいのかなぁ...?


←3巻に戻る5巻に進む→


posted by maki at 01:40 | 埼玉 ☔ | コメント(0) | トラックバック(0) | cookie | 投票
2005年10月20日

きせかえユカちゃん 3


きせかえユカちゃん (3) (りぼんマスコットコミックス―クッキー (1436))

きせかえユカちゃん (3) (りぼんマスコットコミックス―クッキー (1436))

  • 作者: 東村 アキコ
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2003/01/15
  • メディア: コミック





新キャラ登場はサダコこと定岡先生の元カレのスグル兄ぃ。甲斐性が日本の赤字国債並みのダメダメ人間が突如転がり込んで来たのです。明るくってなかなかノリも良い、ユカたちともすぐに打ち解けるお兄さんの登場に、サダコの頭痛の種と消えかけていた恋の炎が甦る。思い出もたっぱり詰まったスグル兄ィ、今後の活躍が楽しみです。

新キャラ登場第二段、すんげぇペースです。洋食屋ジャイアントの息子は真澄君。この出会いはおまじないの影響かどうかは私にはわかりませんが、そうであって欲しいな。クールなイケメン、金鎚でありながらも工作員(!?)としての素質を十二分に持つ彼、ユカとは真逆のボケっぷりに笑いを誘います。ユカママの指導で立派なツッコミ役になれるのか、それとも...!?

さて、恒例の好きなエピソードと言いたいところですが、この巻は話数は多いけれど甲乙つけがたいと言うかビミョーと言うか、今回はなしと言う事でお願いします。今後は恋愛がらみに展開になっていくのか、そのための種がまかれたって感じですね。ユカママの「いっちょ引っ掻き回してやるか」の台詞が恐いですが、芽が開く事を祈ります。

←2巻に戻る4巻に進む→

posted by maki at 00:18 | 埼玉 ☔ | コメント(0) | トラックバック(0) | cookie | 投票
2005年09月18日

キラキラ100% 3


キラキラ100% (3) (りぼんマスコットコミックス―クッキー (1626))

キラキラ100% (3) (りぼんマスコットコミックス―クッキー (1626))

  • 作者: 水沢 めぐみ
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2005/07/15
  • メディア: コミック






水沢先生、そろそろいいかげんしませんか?



待望のキラキラ100%第3巻、私の勝手な予想だと8月発売だと思っていましたが、少し早めの7月になってしまいました。質問してくれた○蜜柑○さんゴメンなさい。謝罪はしますが、賠償の方はご勘弁を!

さて、そろそろ本編の感想に入ろうと思うけど冒頭の通り。みくが勘違いして暴走→鬱モードで破局の危機→友情って暖かいね→なんとか復活という、水戸黄門顔負けのパターンになっています。もう流石におなかいっぱい。確かに現在では貴重な純愛だけど、いつまでも成長の無い所はいただけません。


希望する展開 その1

毎度おなじみの主張ですが、りぼんに移籍これが一番妥当な解決策だと思います。クッキーでは明らかに浮いているし、古巣の方かピッタリ。あちらの連載陣の現状を見ると...なんで。それにこのブログにコメントくれた方や、他所のブログにてキラキラ100%の感想を書いている所を見る限り、読者の年齢層は明らかにりぼん。その方が嬉しいんじゃないですか、みなさん!


希望する展開 その2

夏の海に、冬のクリスマスと機会がありそうで失っている。せっかく思わせぶりな所をみせて、一体いつまで引っ張るの。確かに安易な性描写ってのは賛成できないけど、年頃の高校生の恋です、もう十分です。クッキーでこの先生きのこるには、こんな壁を打ち破る事ぐらいはしないと。


希望する展開 その3

もういっそのこと別れて祐天寺と(以下自粛




posted by maki at 01:26 | 埼玉 ☀ | コメント(14) | トラックバック(0) | cookie | 投票
2005年05月19日

きせかえユカちゃん 2

きせかえユカちゃん (2) (りぼんマスコットコミックス―クッキー (1386))きせかえユカちゃん (2) (りぼんマスコットコミックス―クッキー (1386))
東村 アキコ

集英社 2002-06-14
売り上げランキング :
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



きせかえユカちゃんって基本的に1話完結だから、感想とかって書くの大変なんですよね。印象に残ったポイントが沢山あるけれど、全体を通してみるって事ができません。なので、makiのお気に入りのキャラや、この巻で面白かった話なんかを中心に書いていく事にします。


やっぱり私をユカワールドに引き込んでくれたのはユカママ、本当に謎が多いお母さんです。下着泥棒を捕まえるのに、押入れの中から出してきたのは盗聴器などのスパイ活動に使えそうなモノばかり。とっても専業主婦が持っているものとは思えないし、本人の「若い頃は色々と...」って台詞がまたまたソソります。考えてみれば、ユカママも謎だらけだけど、一家の大黒柱でもあるユカパパのお仕事はなんだったっけ?
色々と謎だらけですが、そこから出る台詞は毒も含めたビシッとしたもの、カッコいい(?)オバちゃんだぁ〜

この巻で面白かったのは、色々と悩みますがブー子家恒例クリスマスパーティですね。一芸大会がありんですが、優勝商品が米一票という豪華ぶり。ユカは友達のミドリちゃんと共に、公演で子供相手にギターを弾く大学生・良夫+ドラマは良夫の友達を加えて、バンドとして参加します。
そこに立ちはだかるのがユカママと担任のサダコ...じゃなかった、定岡先生。こちらもクリスマスパーティなのにも関らずたちまわりまで始める暴れっぷり。ヲチはチョットくだらないかな〜と感じましたけど、とにかく勢いはムチャクチャあるので、文章で書くのが本当に難しいです。是非とも一読してみてはいかがでしょうか!?

←1巻に戻る3巻に進む→
posted by maki at 02:57 | 埼玉 ☁ | コメント(1) | トラックバック(2) | cookie | 投票
2005年04月04日

キラキラ100% 2

キラキラ100% (2) (りぼんマスコットコミックス―クッキー (1568))キラキラ100% (2) (りぼんマスコットコミックス―クッキー (1568))
水沢 めぐみ

集英社 2004-10-15
売り上げランキング :
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



これぞ王道と言って良いのか、はたまた古典的とも言えるのか、渋谷くんの初キスのお相手、代々木先輩が登場。その仲の良さ、思わせぶりの態度にみくは疑心暗鬼になってしまう。そんな時に渋谷くんが置き忘れていった携帯、みくが覗いた先は先輩からのメールでした。
やはり、他人のメールを勝手に見てしまうのはルール違反、ありえません。私も2年ほど前に、仲の良い親友とお互いの受信メールを50件見せ合いっ子してみたけど、同意の上に関らずお互いに気まずい思いをしましたね、共通の友人の事で。ましてや、恋人に勝手に見られるのも、勝手に覗くのもね。人には知らなきゃ良かったと思う影が多々ありますから。
それで、この過ちを正して、二人を支えてくれたのが、祐天寺をはじめとした友達たち。恋愛だけでなく、友情までしっかり描けてた所がベテランの腕ですね。恋愛一直線で周りが全く見えない話よりも、こういう話は本当に好きですね、友達を大切にすること。お勧めな話です。


もう一つの話は、夏にみくが他のキラキラグループに誘われて、渋谷くん達と友に海に行く話。みくの体脂肪率は27%...それでダイエットを開始するんですが、あきらかに無謀な計画でした。無理がたたり、肝心の海で倒れてしまうはめになる。そこから、二人の関係がくるいだすのもお約束ですね。
スタイルがいいのは誰もが憧れます。ダイエット経験が無い人って探すのに相当苦労しそうな位、誰もが挑戦していますよね。だけど、無理をすればするほど上手くいかないし、失うものは大きい。やはりイライラして、誰かに当ってしまいがち、あの時はごめんなさい(謝
さて、スタイルを磨くのもそれなりの方法がある訳で、美を手にする代わりに、愛を失っては意味がないですよね。可愛くなる事、綺麗になる事、その方法は沢山あります。ゆっくりでいいから、自分を磨いていきたい、そんな気分になりましたよ。まぁ、これもヲサレのアプローチの一つって事で、相変わらずりぼんっぽいCookie作品でした。

posted by maki at 21:51 | 埼玉 ☔ | コメント(6) | トラックバック(1) | cookie | 投票
2004年11月08日

Honey Bitter 1

Honey Bitter 1 (りぼんマスコットコミックス)Honey Bitter 1 (りぼんマスコットコミックス)
小花 美穂

集英社 2004-06-15
売り上げランキング :
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




珠里は読心術の超能力を持ち、ニューヨークでFBIに捜査協力をしていたが、日本に帰り叔母の探偵事務所を手伝う事になった。そこで出会ったのは、ニューヨークで偶然にも知り合った少年・ヨータと、昔の恋人・吏己だった。

小花美穂先生がりぼん→Cookieへ移籍してからの初作品。主人公の珠里は他人の心を読めてしまうがゆえに、様々な苦しみを抱えこんでいます。付き合っていた吏己との関係だけでなく、幼少時に友人や母親との関係など、トラウマいっぱいの女の子。私が知る限りじゃあ最もダークな主人公です。
ヨータはポチからダークな部分を抜いた明るい子。ニューヨークで知り合った時に、珠里の能力に助けられて、後で追いかけてきた、少しストーカー入ってるかも。優しさに溢れて、少なくとも良い友人になっていきます。
吏己は全く逆で、羽山の黒い部分を抽出したような極悪人。ヤバい仕事に首をつっこんでいたので、指の爪がなかったりする。珠里と付き合っていた時も冷たく、誤解から珠里を殴ってしまう。そんな彼も人に気を使うようになり、珠里に不器用ながらも謝るのです。はたしてどちらとくっつくのかなぁ?

物語は探偵として様々な事件を解決していく話ですが、主人公が人の心を読める能力があるために、パートナー以上にダークです。共感する系ではないので、Cookieのカラーとしてはどうかなと思いますが、異色なのが一つ位あってもいいと思います。
今作では、コミックの柱に小花先生の闇・黒バナが登場して、激しくやさぐれています。黒バナへの苦情は一切受け付けませんって、おもわずプッ…って吹き出しました。だから今回は壮絶なラストなならかいかなぁ、強烈な毒として心に残る事を期待してます。
posted by maki at 23:22 | 埼玉 ☀ | コメント(0) | トラックバック(0) | cookie | 投票
2004年10月19日

キラキラ100% 1

キラキラ100% (1) (りぼんマスコットコミックス―クッキー (1512))キラキラ100% (1) (りぼんマスコットコミックス―クッキー (1512))
水沢 めぐみ

集英社 2003-12-15
売り上げランキング :
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



みくはクラスメイトの渋谷くんのことが好きだけど、自分に自信がなくて恋を諦めかけていた。そんな時、偶然にも渋谷くんに告白するチャンスが!付き合うことになった二人だが・・・

地味な子がオサレして別人のように変わり、恋に積極的になっていく。高校生や大学生の頃になるとそんな子が一杯いるのは、今も昔も変わらないでしょう。そんな女の子の気持ちを描いたCookieらしい設定だけど、なぜかCookieらしくないピュアなラブストーリー
ベテランの水沢めぐみ先生が描いてるだけに良いお話なんですけど、りぼん掲載の方が人気でるんじゃないかと思うこの頃です。実際に購入される方はCookie読者より、りぼん読者っぽい子が多い気がしますので。

水沢めぐみの描くヒーローって正直な話、そんなにカッコいいって思えないんですよ。今回は渋谷くんがみくとのスレ違いしてしまい、彼の視点から描かれるシーンがあったんだけど、何か言い訳臭い気がしました。
だけど、自然体ですよね水沢めぐみが描くヒーローは。姫ちゃんのリボンの小林大地もそうだったけど、いつか現実の世界で出会えそうな気がしてくる。こんな男の子、本当にあえそうだなぁ〜って思わせてくれます。
私はみくの友達の祐天寺。魔法のビューラーをくれた彼の方がカッコいいな!オサレに目覚めたみくが調子に乗りすぎて、友達とも距離ができちゃって凹んでいる時に、「ヒクツになるのはもうやめれよ、自分をもっと好きになってやれよ」って言った所がイイ!これから彼がどうストーリーに絡んでいくのか、既に発売済みの2巻を未だに購入していないので激しく気になります。

私事ですが、最近メガネ→コンタクトに変えました。やっぱり余分な枠がなくなったせいもあって、鏡を見るのがチョコッと楽しいです。友達にも「表情が明るくなったね」って言われて嬉しかったり。やっぱりキラキラと輝きたいね☆

posted by maki at 14:04 | 埼玉 ☀ | コメント(0) | トラックバック(0) | cookie | 投票
2004年10月07日

学園恋愛者 1

学園恋愛者! 1 (1) (りぼんマスコットコミックス クッキー)学園恋愛者! 1 (1) (りぼんマスコットコミックス クッキー)
栗原 まもる

集英社 2003-01-15
売り上げランキング :
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



ミサトはバイト仲間の八木に片想い。学校のことで諦めかけていたが、めでたく両想いになることができた。だけど、ミサトの通うクララ学園は恋愛禁止の校則のある学校。違反者を待っていたのは…
 
タイトルに「恋愛」って入っているけど、あきらかにギャグ系です。絵なんか少年マンガに近い描き方で、オサレを売りにしたCookie連載作品なのかなと!?別にジャンプあたりで連載してても違和感ない仕様です。
だけど、学校側からの処罰(?)に耐えるミサトや、ちょっとワイルドで一途な八木などキャラもしっかりしていてネタ以外でも十分楽しめますけどね。とにかく、バカ笑いをしたいなら学園恋愛者、男の子にもオススメできます。

余談ですが、クララ学園のように恋愛禁止の高校ってあるそうです。隣の県にあって、聞いた噂によると「恋愛なんてもってのほか、自分の父親と出かけるのも学校の許可が必要」らしいですよ。
さすがに友達の友達から聞いた話なので尾ヒレがついてると思いますが、あのダサい制服と三編み頭、まぁ普通の感覚を持った子なら通いたくない学校です。同中から行った子いたけど、確かに腐臭の子だったなぁ。まぁ世界にこんな遺跡みたいな学校が残ってたら面白そうですが、私たちはマンガの世界で楽しみましょう。
posted by maki at 01:41 | 埼玉 ☁ | コメント(0) | トラックバック(0) | cookie | 投票
2004年09月18日

きせかえユカちゃん 1

きせかえユカちゃん (1) (りぼんマスコットコミックス―クッキー (1310))きせかえユカちゃん (1) (りぼんマスコットコミックス―クッキー (1310))
東村 アキコ

集英社 2001-08
売り上げランキング :
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




タイトルから何と無くお子様向けコミックだと勘違いしていた私。そりゃあ小学生が主人公ですし、子どものオシャレ心を刺激するマンガだと思っていました。今思えば、りぼん掲載作品と、Cookie掲載作品の違いさえわかっていなかったんですからね。今日も恥ずかしい過去を暴露していますね、無知って怖い…

主人公のユカちゃんは、ちょっと生意気だけど気は優しく、天然入った小学6年生です。相方みどりちゃんと様々な騒動を起こしますけと、やはり魅力的なは周囲の大人たち。ユカのママや担任の先生サダコ…じゃなかった定岡先生なんかムチャクチャ刺激的ですね。まぁ一言で言い表すと『毒』この毒にどんどん引き込まれていきますよ。

サダコは30代独身の小学校教師なんですけど、この人らのネタはバブルを知らなきゃわからないですよ。あっ、バブルってのは、ライブドアの堀江貴文みたいな男が、そこら中に溢れていた寒い時代みたい。それとユカママなんか昭和40年代のネタを平気で繰り広げるから余計ヤバいですね。今のCookieの読者層に理解できるのか疑問に思っています。ある意味、きせかえユカちゃんは25禁マンガ、お子様は読んではいけませんよ。

巻末に載っている『レモンのひみつ』もなかなか良かったですよ。童話が好きなちさき。ある日ちさきが見掛けたのは、性格の悪いお姉ちゃんの彼氏の車から知らない女が出てきた所。ちさきは追い掛けた先の図書館で、彼女に写真をとられてしまいました…とあらすじなんですが、アラブの昔話を作中の中に上手く入れているので、怖いようでなごみますよ。お姉ちゃんを想う妹心なんてねぇ、ちさきが考えた子どもなりな優しさですが、皆が暖かくなる小さな幸せ。いいですよ!おすすめですよ!

2巻に進む→
posted by maki at 14:58 | 埼玉 ☀ | コメント(0) | トラックバック(0) | cookie | 投票

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。