2005年10月20日

きせかえユカちゃん 3


きせかえユカちゃん (3) (りぼんマスコットコミックス―クッキー (1436))

きせかえユカちゃん (3) (りぼんマスコットコミックス―クッキー (1436))

  • 作者: 東村 アキコ
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2003/01/15
  • メディア: コミック





新キャラ登場はサダコこと定岡先生の元カレのスグル兄ぃ。甲斐性が日本の赤字国債並みのダメダメ人間が突如転がり込んで来たのです。明るくってなかなかノリも良い、ユカたちともすぐに打ち解けるお兄さんの登場に、サダコの頭痛の種と消えかけていた恋の炎が甦る。思い出もたっぱり詰まったスグル兄ィ、今後の活躍が楽しみです。

新キャラ登場第二段、すんげぇペースです。洋食屋ジャイアントの息子は真澄君。この出会いはおまじないの影響かどうかは私にはわかりませんが、そうであって欲しいな。クールなイケメン、金鎚でありながらも工作員(!?)としての素質を十二分に持つ彼、ユカとは真逆のボケっぷりに笑いを誘います。ユカママの指導で立派なツッコミ役になれるのか、それとも...!?

さて、恒例の好きなエピソードと言いたいところですが、この巻は話数は多いけれど甲乙つけがたいと言うかビミョーと言うか、今回はなしと言う事でお願いします。今後は恋愛がらみに展開になっていくのか、そのための種がまかれたって感じですね。ユカママの「いっちょ引っ掻き回してやるか」の台詞が恐いですが、芽が開く事を祈ります。

←2巻に戻る4巻に進む→

posted by maki at 00:18 | 埼玉 ☔ | コメント(0) | トラックバック(0) | cookie | 投票
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。