2005年09月16日

ピーターパン・症候群 1


ピーターパン・症候群 1 (りぼんマスコットコミックス)

ピーターパン・症候群 1 (りぼんマスコットコミックス)

  • 作者: 酒井 まゆ
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2005/08/12
  • メディア: コミック






「makiさん、久しぶりにりぼんの漫画を買ったんですけど。」

「へぇ〜、今持っているの?」

「これなんですけど、ジャケット買いしたら、その...」

「あ、槙ちゃんの新作かぁぁ...っ! ええぇぇえっ、まゆぽん?」


硬直状態が続く...


「これ。どーみても槙よう子な画なんですけど」

「ですよね〜」

「くぁwせdrftgyふじこ(maki故障)」


ウソのようで本当の話。後輩に出会って手渡された一冊のコミック、ピーターパン・症候群1巻。島森書店のブックカバーを剥いで見ると、著者名の所に確かに酒井まゆとある。だけど裏表紙にあるデフォルメ化された絵なんて、どっからどー見ても槙よう子の匂いしかしないんですけど。
ページをめくって見ていくと、そのインスパイヤはとどまる所を知りません。設定や展開も、『姫ちゃんのリボン』や『ウルトラマニアック』とかに暗めな雰囲気を足した感じだし、ヒーローの橘夕露も師匠の最大ヒット作である『こどものおもちゃ』の羽山秋人に(以下省略

何か主人公の琥珀と、夕露+弟の三人だけで世界が周り切っちゃっている。せっかくクラスの子は第1話にて「うちらを敵に回すと」と展開があったのですが、それが第4話になると記憶障害にでもって心配してしまう位な状態に。せめて「空を飛ぶ能力」を使って仲良くなるエピソードでも描けば良いのに、お約束な展開すらない。サブキャラをロクに使わずに、メインキャラだけの世界に引きこもっている感じでした。随分と小さくまとまってしまったなまゆぽん、未来の看板作家と騒がれた頃が懐かしいよ。

「帰ったら、ブック○フ逝きですね」

「…んじゃ、私が貰っておくよ」


…どうしよう? 2巻を買う日は来るのか!

posted by maki at 23:37 | 埼玉 ☀ | コメント(0) | トラックバック(0) | りぼん | 投票
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。