2005年07月25日

地震が来た時

土曜のお昼下がり、ちょっとした旅行疲れで寝ていたら襲ってきた地震。さいたま北部はそれ程揺れはしなかったので大したこと無いんだなと再び眠りに着く。夕方になって、某ロボットアニメが始まる時間帯に起きると、TV放送がL字になり、各種交通機関がSTOPしている...

NEWSを見ていると、地震に遭っている渋谷の本屋さんの映像が写っていた。棚から崩れ落ちる書籍、あれをかたづけるのは随分と大変そうだなぁと人事のような感想。でも本が落ちた程度で良かったよ、棚ごと倒れてきたらどうにもならないですから。普通の本屋さんってその辺の対策はどの位してあるんでしょうか、私が知る限り結構いいかげんな現場もありますもんで...

私の家の場合、本棚は完全に据付のタイプと、後は腰までの高さの奴だから今のところは平気です。でも棚が不足気味なので、腰までの本棚の上に同じタイプのを重ねて使おうかなって考えていましたもの、流石に危ないですよね。もし睡眠中に地震がきたら間違いなく生存率を低下させるので、この案は却下しなければなりません。利便と安全を両立させるのも大変な事ですね。

そういえば、世の中には私の何倍ものコミックを所有している方がいますが、地震などの災害に直面した時にはどうするのでしょうか?
その辺の話が気になりますね。まさか避難所には持ってはいけまいし、災害の種類によっては紙屑以下の存在に変わり果ててしまう事もありますし。どう対策しているのか、その辺のノウハウを身に付けたいこの頃でした。
posted by maki at 01:06 | 埼玉 ☁ | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記 | 投票
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。