2005年05月18日

のだめカンタービレ 12

のだめカンタービレ (12) (講談社コミックスKiss (544巻))のだめカンタービレ (12) (講談社コミックスKiss (544巻))
二ノ宮 知子

講談社 2005-05-13
売り上げランキング :
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



指揮者としてのロケットスタートを決めた千秋とは対照的に、音楽学校でボロクソにいわれまくったのだめ、おなじみのホタル舞う状態になっています。4ヶ月ぶりの再開が暴走に暴走まで呼び、千秋がのだめにキッシュ☆する超展開、いきなり度肝を抜かされましたよ。いくら何でも唐突すぎるじゃないですか、イイ意味で期待を裏切られましたよ。
こんな暴走王子様に反発を見せ、実家に帰った時の再現化と思いきや、翌日には音を通じて二人の繋がりを見せ付けます、イイ感じだぁ。本当に羨ましい関係だと思いますね、お互いの領域を巧く保ちながら築き上げた関係、私的な理想。やっぱり、のだめには千秋が必要なのですね、ここめで表情を変えてくれるから。


こんな感じですけど、のだめも何とか無事にスランプを脱出しました。けど、9巻の時に登場したR☆Sオーケストラの新指揮者・松田先輩の言っていた「むこうに行ったら痛い目」といった意味はどういうことなのよって思い始めましたね。例の片平さんも大丈夫だったし、のだめは元々のだめ王国出身だから、文化の壁なんか全く関係の無い話ですからね。まさか複線を張り間違えたのか、それとも私の勘違いぃと思ったら見事に文化の壁に悩まされている青年が登場。そう、黒木くん、のだめ登場人物中、最も日本人らしい彼との意外な場所での再会。
黒木君の音楽の才能は、本場に行っても通用するだけのものはある。だけど本当に大変なのは文化の理解、これを乗り越えるのもなかなか辛いものですよね。私も三月はセブにて南国リゾートを満喫してきましたが、現地人の結構いい加減な所がどうも気になってストレスもジワリジワリと上昇。トータルで考えるとあまり癒しになりませんでしたね、何となく彼の気持ちも判る。
それでも大切なのはその人の考え方しだいなんですよね。日本は何事にもキッチリしているけど、先日の尼崎の脱線事故のように過密ダイヤや日勤教育みたいな負の側面があるのも事実ですよ。頑なに籠っていったクロキンの心を開くきっかけになったのが、かつての想い人・のだめ。そういえば、黒木くんからはこの漫画唯一の恋の香りがしていましたが、今回でその華も見事に昇華。お疲れ様。


12巻は完全にのだめ進行。彼女を中心に音楽の話、特に学問としての音楽といって要素が強かったですね。奇声を変態行動で笑わせてくれるはずなのに、こんかいは随分とマジメで色々と勉強になりました。一つのシッカリとした流れの中に絶妙にネタも仕込まれていて、満足感が凄い高かった、お腹一杯。


←11巻に戻る13巻に進む→
posted by maki at 23:17 | 埼玉 ☁ | コメント(4) | トラックバック(7) | kiss | 投票
この記事へのコメント
こんにちは! はじめまして。
私のブログにメッセージをありがとうございました。

のだめ12巻、ほんと 予想外の展開で一人で盛り上がってました。(笑)
クールな千秋をあんな風に悶々とさせるなんて、のだめ恐るべし。
今後も、嬉しい意味で期待を裏切って欲しいですね。
Posted by charmi at 2005年05月19日 10:47
はじめましてっ!
Makiさんの記事、たのしく読ませて頂きました!
もぉ千秋とのだめすっごいいい感じですね!!
ちゅうしたし!きぃやぁ〜〜!
すごいなんか、うれしいです!

でもなんであそこできすしたんだろう。
千秋さんは。
ぅぅ...私は空気が読めない。
Posted by 青 at 2005年06月05日 19:29
はじめましてcharmiさん。
随分と遅筆で申し訳ないデス(謝

11巻の次巻予告の時点では、随分と真っ黒で憂鬱な展開だと予想していたんですけど、突然のキスを魅せてくれるとは思いませんでした。
今思うとこの漫画には予告や予想って事が難しいんでしょう。それは主役はあくまでものだめですから。

海外に行っても日本でやってきた事の繰り返しになってしまうのかって危惧していましたが、これからはうまい具合に進みそうですね、楽しみです!
Posted by maki at 2005年06月06日 04:27
はじめまして青さん。

あそこで千秋がキスした理由は、以前にのだめが同じように壊れた時には何もしてやれる事も出来ず、そのまんま離れていってしまったため、あの時とは違う自分であると解らせたかったからではないでしょうか?

当時と比べれば、のだめに対する千秋の想いってのも全然違いますし、俺様らしく無理矢理解決したのでしょう。確かに三ヶ月間もほったらかしにしていた負い目もありますし、自分の中で想いが肥大化していたなど色々と考えられます。

人の数だけ意思があるように、キスする理由には様々な可能性があります。私は上記のように考えましたけど、あんま自信ないのでたぶん違うんじゃないかなって気もします...
やはりもう一度、ここに至るまでの全てを読み直してみて、青さんなりの答えを見つける事をお薦めします。
Posted by maki at 2005年06月06日 04:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

のだめカンタービレ 12巻
Excerpt: のだめカンタービレ #12 (12) ちょっとサボリ気味だった「のだめ」の感想を書いてみようかと。 パリ編、長く続きそうですね。 実際には千秋さまはあちこち海外に飛んでるんで、パリ編とい..
Weblog: Cosi Cosi
Tracked: 2005-05-19 11:47

のだめ12巻
Excerpt: 出てました。 最近ちょっといまいちだったけど、今回はかなりよかった。 インスピレーションじゃなくてイマジネーションじゃなくてフラストレーションじゃなくて… なんか良い言葉が思い出せないけど、やる..
Weblog: りずむかん
Tracked: 2005-05-23 12:38

のだめカンタービレ12巻
Excerpt:  買ってきました。  いやあ待ち遠しかったわ。実は連載段階でもちらちら立ち読んで
Weblog: あをねこの妄想倉庫
Tracked: 2005-05-23 16:08

のだめカンタービレ #12
Excerpt: 二ノ宮知子の『のだめカンタービレ』12巻が発売されました。 読むの少し出遅れました。 12巻では、のだめ苦悩編がスタート!! と思いきや一瞬で終わり、ちょっと拍子抜けしましたが、それがのだめ..
Weblog: サイケデリック レボリューション
Tracked: 2005-05-24 22:45

のだめカンタービレ12巻
Excerpt:  買ってきました。  いやあ待ち遠しかったわ。実は連載段階でもちらちら立ち読んで
Weblog: あをねこの妄想倉庫
Tracked: 2005-05-30 13:14

のだめ、あの『レッスンバッグ ケンバン』
Excerpt: あの、のだめがよく使っているバック!! なんとホントに売ってますよ。 さすがに今回は即買いしてませんけど。 買おうかな?? 他にもいろいろありますねw レッスンバッグ ケンバン
Weblog: サイケデリック レボリューション
Tracked: 2005-06-04 17:02

「のだめカンタービレ」第12卷 二ノ宮知子
Excerpt: のだめカンタービレ #12 (12)講談社このアイテムの詳細を見る お薦め度:☆☆☆☆☆ 待ちかねた12卷。 4ヶ月は長かつた。 いよいよ千秋とのだめの關係も新たな展開へ。(ぼへぇ〜っ) 同じパ..
Weblog: 仙丈亭日乘
Tracked: 2005-10-12 07:03
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。