2005年04月11日

今日もお買い物

私は古本って好きじゃない人種なんですよ、だって嫌いなんだもん。というよりも古本で売れても漫画家には印税が入らないし、出版社のには利益にすらなりません。儲かるのは古本屋だけで、漫画っを生産する側に利益が還元されず、生産力の低下が云々。。。
はい、偉そうに意味不明な事ばかり述べてすいません。単に、私が「他人の手垢が染み付いた本が気持ち悪い」って感じるだけなんですね。この辺は生理的なものなので、人それぞれだと思いますが...

久しぶりにマンガを買いました、めづらしく古本屋で。たまたま寄ったお店にいったら一冊30円もしないバーゲンプライス。本当ならば樋口さんが出るところがワンコインで済むんだもん、見逃すチャンスがないですね。
で、買ったのは椎名あゆみ『無敵のヴィーナス』と、水沢めぐみ『ポニーテール白書』とその他色々です。この辺りはもう新品じゃあ手に入らないですからね、古本でもいいか〜って思っての購入でした。

そのお店のお客さんは比較的男性が多いので、少女漫画コーナーを廃止って流れなんですね。だから殆ど投売り状態、値段的にも赤・青・黄色の例のお店と比較したくない程、立ち読みもあんまりされてないので本の状態も良好でした。ただ、置いてあるコミックは、90年代前半のりぼん・なかよし・マーガレット・花ゆめに偏っていましたけど。
その帰り道にも「少女漫画5冊100円」って看板が出てたお店もありましたね。まぁ、他の看板から推測すると、表向きは古本屋さんで、裏側にAVとかが一杯ある店だと思いますが。近寄りがたいけど、この手のお店に掘り出し物が転がっているんでしょうね。
posted by maki at 19:13 | 埼玉 ☔ | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記 | 投票
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。