2004年11月08日

Honey Bitter 1

Honey Bitter 1 (りぼんマスコットコミックス)Honey Bitter 1 (りぼんマスコットコミックス)
小花 美穂

集英社 2004-06-15
売り上げランキング :
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




珠里は読心術の超能力を持ち、ニューヨークでFBIに捜査協力をしていたが、日本に帰り叔母の探偵事務所を手伝う事になった。そこで出会ったのは、ニューヨークで偶然にも知り合った少年・ヨータと、昔の恋人・吏己だった。

小花美穂先生がりぼん→Cookieへ移籍してからの初作品。主人公の珠里は他人の心を読めてしまうがゆえに、様々な苦しみを抱えこんでいます。付き合っていた吏己との関係だけでなく、幼少時に友人や母親との関係など、トラウマいっぱいの女の子。私が知る限りじゃあ最もダークな主人公です。
ヨータはポチからダークな部分を抜いた明るい子。ニューヨークで知り合った時に、珠里の能力に助けられて、後で追いかけてきた、少しストーカー入ってるかも。優しさに溢れて、少なくとも良い友人になっていきます。
吏己は全く逆で、羽山の黒い部分を抽出したような極悪人。ヤバい仕事に首をつっこんでいたので、指の爪がなかったりする。珠里と付き合っていた時も冷たく、誤解から珠里を殴ってしまう。そんな彼も人に気を使うようになり、珠里に不器用ながらも謝るのです。はたしてどちらとくっつくのかなぁ?

物語は探偵として様々な事件を解決していく話ですが、主人公が人の心を読める能力があるために、パートナー以上にダークです。共感する系ではないので、Cookieのカラーとしてはどうかなと思いますが、異色なのが一つ位あってもいいと思います。
今作では、コミックの柱に小花先生の闇・黒バナが登場して、激しくやさぐれています。黒バナへの苦情は一切受け付けませんって、おもわずプッ…って吹き出しました。だから今回は壮絶なラストなならかいかなぁ、強烈な毒として心に残る事を期待してます。
posted by maki at 23:22 | 埼玉 ☀ | コメント(0) | トラックバック(0) | cookie | 投票
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。