2004年09月18日

きせかえユカちゃん 1

きせかえユカちゃん (1) (りぼんマスコットコミックス―クッキー (1310))きせかえユカちゃん (1) (りぼんマスコットコミックス―クッキー (1310))
東村 アキコ

集英社 2001-08
売り上げランキング :
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




タイトルから何と無くお子様向けコミックだと勘違いしていた私。そりゃあ小学生が主人公ですし、子どものオシャレ心を刺激するマンガだと思っていました。今思えば、りぼん掲載作品と、Cookie掲載作品の違いさえわかっていなかったんですからね。今日も恥ずかしい過去を暴露していますね、無知って怖い…

主人公のユカちゃんは、ちょっと生意気だけど気は優しく、天然入った小学6年生です。相方みどりちゃんと様々な騒動を起こしますけと、やはり魅力的なは周囲の大人たち。ユカのママや担任の先生サダコ…じゃなかった定岡先生なんかムチャクチャ刺激的ですね。まぁ一言で言い表すと『毒』この毒にどんどん引き込まれていきますよ。

サダコは30代独身の小学校教師なんですけど、この人らのネタはバブルを知らなきゃわからないですよ。あっ、バブルってのは、ライブドアの堀江貴文みたいな男が、そこら中に溢れていた寒い時代みたい。それとユカママなんか昭和40年代のネタを平気で繰り広げるから余計ヤバいですね。今のCookieの読者層に理解できるのか疑問に思っています。ある意味、きせかえユカちゃんは25禁マンガ、お子様は読んではいけませんよ。

巻末に載っている『レモンのひみつ』もなかなか良かったですよ。童話が好きなちさき。ある日ちさきが見掛けたのは、性格の悪いお姉ちゃんの彼氏の車から知らない女が出てきた所。ちさきは追い掛けた先の図書館で、彼女に写真をとられてしまいました…とあらすじなんですが、アラブの昔話を作中の中に上手く入れているので、怖いようでなごみますよ。お姉ちゃんを想う妹心なんてねぇ、ちさきが考えた子どもなりな優しさですが、皆が暖かくなる小さな幸せ。いいですよ!おすすめですよ!

2巻に進む→
posted by maki at 14:58 | 埼玉 ☀ | コメント(0) | トラックバック(0) | cookie | 投票
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。