2005年06月22日

ハツカレ 4


ハツカレ (4) (マーガレットコミックス (3815))

ハツカレ (4) (マーガレットコミックス (3815))

  • 作者: 桃森 ミヨシ
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2005/01/25
  • メディア: コミック






相変わらず傍若無人にふるまうイブシです。前は随分とウットーしぃって感じていましたが、だんだんと受け入れられるようになってきました。あの天邪鬼ぶりもここまでくると愛しいまでいきますし、何よりもハシモト君との絡みが好きですね。正直な所、イブシの正確って友達できなさそうな感じじゃないですか、親しい友達ができて嬉しそうな笑顔がイイですね。
そしてイブシは幼なじみのチロにも好意を持っているといます。だけどチロとハシモト君はイブシが登場する以前、というか作品が始まった時点から付き合っています。チロがいたからこそハシモト君と友達になれたのであって、そこで自分の本音を出す事は完全に今の関係を崩す事になってしまう。素直になれない自分、自分に素直になってはいけないイブシの想い。携帯のメモリーを前に「…すきや」、そして「うそ」って言葉を繰り返すシーンは必見です。ここは何度みても切なくなる。

日曜日は遊園地でダブルデート、そこでちーちゃんがとうとうイブシに告白する。勇気を振り絞っての告白、すごい可愛かった。イブシも「好きな人がいる」と正直な気持ちで答えてたけど、それを知っていながらもさらなる自分の思いを伝えたちーちゃん、この言葉の意味はあまりにも大きいです。ハッキリ言って、気付いた時には出来上がっていて、いまいち燃えきれない主人公たちよりも、この二人の方が主役のほうが相応しいんじゃないでしょうか?
その後も務めて明るく振舞うちーちゃんに、最後の最後で男気を見せてくれましたよイブシが。閉園間近の最後の瞬間にプレゼント、そしていままで「うんこ」と呼んでいたのを、ハッキリと「ちやこ」と名前で呼んだ。だけど、感動したのもつかの間、さりげなく「ちひろ」って言っちゃうんだもんな...

もちろんハシモト君がキレますよ。この巻の最初のほうと最後のほうで全く同じシーンがあるんですが、その敵のハシモト君のイブシに対する態度が全く逆です。とうとう関係崩壊。私的には歓迎ですね。まぁ、今までずーっとハシモト君ってキャラもあまり立っている訳でもなく、どちらかというと男らしくない部分が目立っていましたから、今後の展開で魅せてくれればよいのですが、最後の最後を見る限り、そんなに期待できそうもないですね〜
こんな感じですから、このマンガのタイトルである「ハツカレ」ってどんな意味なんだろうって疑問に思うようになってきました。今の所だと、あんまイイ感じには思えないなぁ、忘れ去りたい過去とかってにまでなりそうです。次巻で衝突するのは確定ですし、それを乗り越えられるだけの余裕もなさそうですね。このマンガはバットエンドで終わらせた方が面白そう〜

←3巻に戻る5巻に進む→


posted by maki at 01:00 | 埼玉 ☁ | コメント(2) | トラックバック(1) | マーガレット | 投票
2005年06月21日

コミック購入履歴から

コミックを買う機会が以前に比べて減りましたが、この前はるか17の最新刊を買いました。もうすぐドラマ化、すごい楽しみにしていますよ。といってもドラマ化だからって二ヶ月連続でコミックが発売するのもな〜ちょっと急ぎすぎているような気もしなくはないです。強行日程で、作品の質が低下していなければ良いのですが...

そういえば、最近は青年漫画ばっかり買っていますね。何故だか解らないけど、自然とそちらのコーナーへ足を向ける機会が多くなってしまってるんです。でも、好きになったっていうよりも、今まで買い続けてきていたものを買い逃す事無く集めているだけで、新しいタイトルに対して積極的になってはいないんですよね。
それでも青年漫画を買っているって感じるのは、相対的に少女漫画を買わなくなってしまった事のあらわれですね。最近はベテランの先生があっけなく消え去ってしまいますが、かといって勢いのある新人が出てきた訳でもない。そのスキマを本来ならば淘汰されるべき、どーでもいいような中堅作家が埋めているだけと感じます。

少女漫画はこの先生きのこれるのでしょうか?
posted by maki at 21:17 | 埼玉 ☁ | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記 | 投票
2005年06月20日

ブログやってて良かった

今日は久々にまとまった時間があったので、他所のブログを巡回していたらチョット感動しました。

銀色万華鏡☆ブログ
http://yaplog.jp/giniromangekyo/archive/390

以前から何度もお邪魔させて頂いている所なんですが、そこで私の書いたブログが紹介されています。最近は日々の生活に疲れ、書くことどころかブログの存在すら忘れかけていた私に程よい刺激!

回転銀河について記事をかいたのなんて凄い昔だょ、私ですらどんな内容だったかあまり覚えてもいないし、あらためて見てみると赤面な内容...

1巻 http://hana-moe.seesaa.net/article/2872080.html
2巻 http://hana-moe.seesaa.net/article/3015103.html
3巻 NOW CREATING(執筆中)

こんなチッポケな記事なのかもしれないけど、それでも人が読んでくれて覚えていてくれた事がなりよりも嬉しかった。こういう事があるとやっぱブログをやっていて良かったな〜と思う。そんな感動的な瞬間ですね。

さて、そろそろマジメに更新再開しまぁす!
posted by maki at 01:23 | 埼玉 ☁ | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記 | 投票
2005年06月06日

早起きは三文の得

ズームイン!!を見ていたら、原宿で『のだめカンタービレ』の認知度調査なんてやっていました。早起きは三文の得とは言いますが、もしも寝ちゃっていたらこんなコーナー見れなかったのでしょう。


(´-`).。oO(って、アンタ寝てないじゃん...


500万部突破の『のだめ』の認知度は70%、対象は10〜20台前半までの女の子っぽいからそんなものかのな。それ以前に何人に聞いたのかまでは出なかったのでアテにならなそうな数字ですね。

こういうTVって印象操作を良く行うのでそのまま受け取るのも難ですけど、ギャルっぽい子が『のだめ』を知っていて、ヲタクっぽい子が知らないのがチョット以外でした。
サンプルが絶対的に少ないので何のとも言えませんが、夜の漫画喫茶へ行くとギャルとか結構見かけますしね、こういう所で読んでいるのかと思います。逆に今のヲタク系女子はほとんどジャンプやスクエニ系に向かうからと思えば納得できると自分に言い聞かせる。
posted by maki at 09:04 | 埼玉 ☁ | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記 | 投票

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。