2005年04月20日

のだめカンタービレ 8

のだめカンタービレ (8)のだめカンタービレ (8)
二ノ宮 知子

講談社 2004-03-12
売り上げランキング :
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



音・音・音の洪水が容赦なく襲う。まるで目の前にオーケストラが存在するかのように、頭の中は音楽で埋め尽くされる。まさに衝撃、これまでにない美しさ、凄いの一言でしか言い表せないな〜
そしてブラームスの1番、リアルにCDを聴きながら読み進める。この表情、動き、まるでマンガの中のキャラクターが生きているのかと感じられる、とてつもない感覚。情熱と絶望、その言葉の通り、このマンガにも音楽にも、人の心を動かす何かがあるはずだ。生の演奏が聴きたくなってきます。

コンサートは大成功。日本の大御所評論家だけでなく、ベルリン弦楽四重奏団のまで才能を認められるほど。それ以上に突き動かしたのは、気ままなヒロイン(?)のだめの心。
目覚めは覚醒。千秋が目覚めた場所は空港、飛行機に乗って北海道までの旅路。のだめがかけた催眠術で、とうとう飛行機に乗れるようになった。もう恐いものはない、お土産を背負って帰ってきたいつもの家には、のだめの姿はなかった。
目覚めは覚醒。のだめ、ついに音楽に目覚めたのか、ピアノコンクールに出るためにハリセンの家に泊まりこみ。奇声をあげるお姫様は、その成長も気まま。千秋への恋心が揺れるたびに、その音の進化は加速する。まさに奇才、独特の表現と技術で早くもファンを獲得しながらも、本選まで駒を進める。のだめの中の何かが変わり、そして見えた幼き日の心の傷。

今、のだめの挑戦が始まりました。のだめカンタービレSTARTデス!

←7巻に戻る9巻に進む→
posted by maki at 23:38 | 埼玉 ☔ | コメント(0) | トラックバック(2) | kiss | 投票
2005年04月19日

のだめカンタービレ 7

のだめカンタービレ (7) (講談社コミックスキス (451巻))のだめカンタービレ (7) (講談社コミックスキス (451巻))
二ノ宮 知子

講談社 2003-10-10
売り上げランキング :
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



ハリセン・リターン。昨年の千秋とのだめのラフマノニフ連弾を聞いて、のだめの才能に惚れ込んで、谷岡先生と担当を交換、権力行使。千秋が逃げ出したくらいだから、のだめなんかと相性イイ訳ないです、速攻で逃亡者。
それにしてもハリセンもハリセンだけど、谷岡先生もイイキャラしてるなぁ、こんな先生は普通いませんよ。生徒へのアプローチにしかた、教育方針はふたりとも大きく異なるけれど、それでもアツイ教育者であることは変わりないですね。

次々と集まってくる若き才能、チェロの菊池亨とオーボエの黒木泰則を中心に新しい千秋のオーケストラが始まる。高い技術に鋭い勘、あの俺様千秋様も満足げ。何度も練習を重ねるうちに、気の合う仲間だ気のある仲間へ、色ボケは進行中。音が艶やかになるのは確かだけれども、果たして大丈夫かなと千秋は疑問に思う。それを言葉にしたのが以外にも峰でした、カコイイ。
峰は皆に、どんな気持ちでこのオーケストラに参加しているのか問い掛ける。そして峰が語る夢、それはかなえたら伝説になる事は間違いない果てしないもの。そんな話を誰もが笑い、音は崩れていく、千秋の心と共に。その時に見たのが、ベルリン・フィルのビデオテープ、師匠であるシュトレーゼマンが振るブラームスでした。遠いドイツからの導き、時間の制約があっても無駄になるものはない、自分の糧になると思えば。

国内コンクールも終えど、色恋の魔力に魅了されたメンバーの結果は意外なものでした。彼らを迎えたのは、俺様千秋様、専制君主の君臨、Sオケ以来の鬼が帰ってきた。自分の指揮を思うように理解しないヴァイオリンに、自ら演奏してみせ衝撃を与える、自分の音楽とは何なのか体言している。
何度も夢に迷わされながらも、今の自分をこのオーケストラにて晴らすと誓う。その表情ほど晴れ晴れしいものはないかな、自分の進むべき道を決めた人、すごい羨ましい。悩み多かった千秋が自分の足で歩き始めた、これから聴こえる新しい音楽、私もいつか同じように歩みたいな。


←6巻に戻る8巻に進む→
posted by maki at 01:15 | 埼玉 ☁ | コメント(0) | トラックバック(1) | kiss | 投票
2005年04月18日

のだめカンタービレ 6

のだめカンタービレ (6) (講談社コミックスキス (438巻))のだめカンタービレ (6) (講談社コミックスキス (438巻))
二ノ宮 知子

講談社 2003-07-11
売り上げランキング :
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



のだめがピアノに目覚めたと思いきや、千秋とのラフマノニフ連弾で満足してしまい、いつもののでめに戻ってしまう。それに不満な千秋の所を訪れてきたのが、音楽雑誌の中の人。これからの活動について質問されてキレるのも千秋様、海外に行けないのは自分の都合ですね。そして家に戻り、のだめにコンクールに出ないのかって聞いて、のだめは幼稚園の先生になるって切返される。でもって、自分の質問の意味を自分の中で問い続ける、まと落ち込みモードに突入か。それにしても、幼稚園の先生がのだめだったら、想像してだけでもキツイものがありマスよ、子どもが奇声を、悪臭を放つなんて勘弁。
そして卒業試験の季節。大学生活最後の山、思いだしたくも無いイベントですね、ま〜個人的な事なので省略しますが。真澄ちゃんの卒業演奏のパートナーが急病で入院、ピンチヒッターとして白羽の矢が立ったのが、想いを寄せ続けた永遠の憧れ、千秋様。最後の最後の卒業演奏、それは千秋からの卒業? すごい色っぽかった真澄ちゃん、まだ消えるのは早い。


話は少し前後しますが、飛行機に乗れない千秋はそのまま大学院に進学予定。日本でやりたい事は何なのか模索しながらの生活で、峰に持ちかけられたオーケストラを作る話。最初は断ったもの、偶然の再開が運命を切り開く。
長野の音楽祭でコンマスを務めた三木清良が千秋の大学へ。彼女の師匠であるカイ・ドゥーンがこの大学で講師をする事になり、一緒に付いてきたのだった。そして彼女から「いっしょにオーケストラをしない?」との誘い、即答。長野の時のメンバーが再び集う、もちろん峰も真澄ちゃんも。春、次のステージが始まる、いい季節ですね。


千秋は勝手に進路を決めてしまったので、スポンサーである母親の実家に呼び戻し、のだめを連れて行く羽目になって。祖父の死から何もかもが変わってしまった家、バラバラになった家族はぶつかりあう。少年の葛藤、少女の悲痛な叫び、悪夢にうなされる千秋、何もかもが暗い。
のだめと千秋の、真夜中の演奏会。この家に久しぶりに戻ってきた音楽、家族の絆と一緒にね。こんなに暖かい演奏、癒し効果です。暖かい音楽とお話がおおかったですね、この6巻は。新しい季節、人と人の繋がりが微妙に変わり始める中、読んで思い出した大切な気持ち。それぞれの歩む道の変化、それを尊重する事を、忘れずに持ち続けていたいです。

←5巻に戻る7巻に進む→
posted by maki at 23:38 | 埼玉 ☁ | コメント(0) | トラックバック(1) | kiss | 投票
2005年04月13日

のだめカンタービレ 5

のだめカンタービレ (5) (講談社コミックスキス (423巻))のだめカンタービレ (5) (講談社コミックスキス (423巻))
二ノ宮 知子

講談社 2003-03-13
売り上げランキング :
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



胎児の記憶さんで、R25にのだめが載っていたって聞いたには黙ってられない、ワザワザ取りに都内まで足を伸ばしたのもいい思い出になっちゃいました。ラフマニノフのピアノ協奏曲第ニ番がうれるなんて、やはりこの巻が世間様に多大な影響を与えているしか考えられないですね。実は私も...この影響を受けた一人にカウントされてるでしょう。
その後、R25の記事について検索してたら「のだめカンタービレ」からのクラシック入門さんにて、フリーマガジン「R25」今週号に「のだめカンタービレ」がという記事を発見。オジ様方にのだめが売れているとの書店員のコメントが載っていました。
私の少し前までの職業ですね、是非とも売れる光景を見たかったですよ。まー、ウチのお店のお客様はクラシック聞きそうな紳士よりも、演歌が似合う土建屋のおっちゃんが圧倒的に多かったですからね。

さて、冒頭から頭でっかち、そろそろ感想に入ります。桃ヶ丘音楽大学にも学園祭、あのSオケも演奏前から既に伝説のステージと自称する程の盛り上がりっぷり。
マングースの着ぐるみを着て、ピアニカを弾くのだめの登場はら始まる、紋付袴と着物な和風ビックバンド。たった独りドレスの真澄ちゃんが毒となる、Sオケらしいステージ。とにかく音楽とはここまで楽しいものなのか、演奏者である峰の表情からもそれが激しく伝わってくるのでした。終了後の打ち上げ、何度でもやる乾杯に見える皆の表情、あの満足感は至福のものというものが伝わる楽しいショー。これも音楽のカタチなのですね。


翌日は本番、巨匠・シュトレーゼマンと千秋のピアノ協奏曲。もちろん曲はラフマニノフのピアノ協奏曲第ニ番、これが巨匠との最初で最期の競演になってしまうのか?

「さあ、楽しい音楽の時間デス」


全てはこの言葉から始まった究極の演奏。ラフマニノフのピアノ協奏曲第ニ番のCDが売れるってのも納得できますよ、だって紙面から音が聞こえて来るのですから。この二人には、作品内の聴衆から現実世界の読者まで、一気に引き込まれる魅力に溢れてる。ここまで音楽と向き合っていると、本当に凄くて言葉が出ない。私もその一人ですが、ここからクラシックに興味持つ人は本当に多そう。
そんなにわかクラシックファンにお薦めが、小林Scrap Book Heartlogicさんがまとめた「のだめカンタービレ」全登場曲集の記事。のだめ作中で出た曲のお薦めCDとシーンが紹介されている渾身の記事です。ガイドとして非常に参考になります。


とにかく巨匠の存在は大きすぎました。帰国時に、のだめに(夢の中で)送った言葉は、千秋から刺激を受けた彼女の心に火を灯してしまう。

「もっと音楽から正面から向き合わないと

 本当に心から音楽を楽しませんよ」


それから一心不乱にピアノを弾きだすのだめ、人を変えるだけの演奏した巨匠はしばらくのお休みです。それと思ったのが、その言葉は本当にのだめに向けた物ではなく、読者へ。つまり、自分は果たして音楽とどう向き合ってきたのか意味ではないかと?
演奏者としてではなく、一人の聴衆として安易にクラシックの世界に引き込まれていくのも、今まで私が支持してきた音楽も一体何だったんだろう?
ただ、確実に言そうだなって事は、考えている時点で電波ちっくになっている私も完全に、のだめ大国の住民になれそうですね。5巻はすごいです、音楽観くらいならいとも簡単に変えられます。それだけ、人が抱いた感情が音になり聞こえてくるのだから...

←4巻に戻る6巻に進む→
posted by maki at 23:39 | 埼玉 ☁ | コメント(0) | トラックバック(4) | kiss | 投票
2005年04月11日

今日もお買い物

私は古本って好きじゃない人種なんですよ、だって嫌いなんだもん。というよりも古本で売れても漫画家には印税が入らないし、出版社のには利益にすらなりません。儲かるのは古本屋だけで、漫画っを生産する側に利益が還元されず、生産力の低下が云々。。。
はい、偉そうに意味不明な事ばかり述べてすいません。単に、私が「他人の手垢が染み付いた本が気持ち悪い」って感じるだけなんですね。この辺は生理的なものなので、人それぞれだと思いますが...

久しぶりにマンガを買いました、めづらしく古本屋で。たまたま寄ったお店にいったら一冊30円もしないバーゲンプライス。本当ならば樋口さんが出るところがワンコインで済むんだもん、見逃すチャンスがないですね。
で、買ったのは椎名あゆみ『無敵のヴィーナス』と、水沢めぐみ『ポニーテール白書』とその他色々です。この辺りはもう新品じゃあ手に入らないですからね、古本でもいいか〜って思っての購入でした。

そのお店のお客さんは比較的男性が多いので、少女漫画コーナーを廃止って流れなんですね。だから殆ど投売り状態、値段的にも赤・青・黄色の例のお店と比較したくない程、立ち読みもあんまりされてないので本の状態も良好でした。ただ、置いてあるコミックは、90年代前半のりぼん・なかよし・マーガレット・花ゆめに偏っていましたけど。
その帰り道にも「少女漫画5冊100円」って看板が出てたお店もありましたね。まぁ、他の看板から推測すると、表向きは古本屋さんで、裏側にAVとかが一杯ある店だと思いますが。近寄りがたいけど、この手のお店に掘り出し物が転がっているんでしょうね。
posted by maki at 19:13 | 埼玉 ☔ | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記 | 投票
2005年04月10日

ハツカレ 3

ハツカレ (3) (マーガレットコミックス (3779))ハツカレ (3) (マーガレットコミックス (3779))
桃森 ミヨシ

集英社 2004-09-24
売り上げランキング :
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



川●`β´) イブシです、実家はチロ達に寄り道コースのはやしやです。相変わらずのキャラですが、ハシモト君と約束を守って彼にお礼を言われた時の笑顔。うん、あの二人のやりとりに何か妄想してしまった私の頭の中は腐り始めてきたのでしょうか?

さて、疲れがたまってきたけど本題。こちらも相変わらずに進展も無くデートを重ねるチロとハシモト君、今日は服が地味やからって一憂。せっかくの「うまいことデートするための三か条」も台無しや。
偶然訪れた公園にいたのは、ちーちゃんとイブシ。そういや、ちーちゃんモデルに写真撮影するって話でしたね。趣味のカメラから始まる新しいお話は先のこと、この辺りの話でのカメラという小道具の使い方が巧かったですね、魅せてくれます。

ちーちゃん可愛くなっている。これも恋の魔法なのか、気持ちが変わるだけで表情が変わるもんね、人って。動き始めた新たなる恋は、行き着く先はどうなる事やら。お互いの想いは交錯するばかり、そしてハシモト君とイブシの関係。もう、駄目ぽ。

←2巻に戻る4巻に進む→
posted by maki at 01:16 | 埼玉 ☁ | コメント(0) | トラックバック(0) | マーガレット | 投票
2005年04月04日

キラキラ100% 2

キラキラ100% (2) (りぼんマスコットコミックス―クッキー (1568))キラキラ100% (2) (りぼんマスコットコミックス―クッキー (1568))
水沢 めぐみ

集英社 2004-10-15
売り上げランキング :
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



これぞ王道と言って良いのか、はたまた古典的とも言えるのか、渋谷くんの初キスのお相手、代々木先輩が登場。その仲の良さ、思わせぶりの態度にみくは疑心暗鬼になってしまう。そんな時に渋谷くんが置き忘れていった携帯、みくが覗いた先は先輩からのメールでした。
やはり、他人のメールを勝手に見てしまうのはルール違反、ありえません。私も2年ほど前に、仲の良い親友とお互いの受信メールを50件見せ合いっ子してみたけど、同意の上に関らずお互いに気まずい思いをしましたね、共通の友人の事で。ましてや、恋人に勝手に見られるのも、勝手に覗くのもね。人には知らなきゃ良かったと思う影が多々ありますから。
それで、この過ちを正して、二人を支えてくれたのが、祐天寺をはじめとした友達たち。恋愛だけでなく、友情までしっかり描けてた所がベテランの腕ですね。恋愛一直線で周りが全く見えない話よりも、こういう話は本当に好きですね、友達を大切にすること。お勧めな話です。


もう一つの話は、夏にみくが他のキラキラグループに誘われて、渋谷くん達と友に海に行く話。みくの体脂肪率は27%...それでダイエットを開始するんですが、あきらかに無謀な計画でした。無理がたたり、肝心の海で倒れてしまうはめになる。そこから、二人の関係がくるいだすのもお約束ですね。
スタイルがいいのは誰もが憧れます。ダイエット経験が無い人って探すのに相当苦労しそうな位、誰もが挑戦していますよね。だけど、無理をすればするほど上手くいかないし、失うものは大きい。やはりイライラして、誰かに当ってしまいがち、あの時はごめんなさい(謝
さて、スタイルを磨くのもそれなりの方法がある訳で、美を手にする代わりに、愛を失っては意味がないですよね。可愛くなる事、綺麗になる事、その方法は沢山あります。ゆっくりでいいから、自分を磨いていきたい、そんな気分になりましたよ。まぁ、これもヲサレのアプローチの一つって事で、相変わらずりぼんっぽいCookie作品でした。

posted by maki at 21:51 | 埼玉 ☔ | コメント(6) | トラックバック(1) | cookie | 投票
2005年04月03日

ちょっと悩み中

makiです、日に日に移転作業は進んでいます。そろそろ新しい記事を書き始めようかなと思って一通り書いてみたんですけど、何かが違うような気がして悩んでます。

前職は書店員だったため、どうしてもマンガの紹介文みたいになってしまっています。カテゴリ的にも私的のも感想文を書いてみたいんですが、どうも感想はちょろっとしか書けてません。殆どがコミックの紹介みたいになってしまうんですよね、感想書けないよ感想。
偶然に検索で引っかかった人が別のコミックの記事を読んだりして、意味が解る内容になるのか。そして、紹介された記事を読んで興味を持ってくれたのか、それも大事です。それとも、深く読んだゆえの感想を読んで「私もそう思った」と共感してもらいたいのか、私はそうしたいけど方向は随分と違いますよね。

だけど、悩んでいても時間が過ぎる一方ですよね、移転前と同じ状況のまま。更新すらせずに消えゆくのは寂しい。だから書けない時は無理してまで書かず、ゆっくりとコミックを読んで、想いを深めていこうかなと思いました。

巧い文章は中々書けないで気分は落ち込み気味ですが、今回は続ける事を目標に頑張ろうと思うので、自分が書きたいように、書けるように、書き続けようかなと思います。だから暫くは紹介メイン・感想サブな文章なります。だんだんと、makiらしい文がかけたらいいな^



posted by maki at 22:59 | 埼玉 ☀ | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記 | 投票
2005年04月01日

花が萌える... 再START☆

Seesaaって面白いですね。色々とBlogサービスを探している時に、ココのお知らせBlogのエイプリルフールぶりに惚れました、最高です。私は正直な所、堀江さんのことが好きじゃないですから、あの記事を見て色々と妄想を楽しみました。ホリエモン・テンプレートをの大量追加が現実になったら、日本からBlogは一体いくつ減るのかな?
さて、こんな訳でSeesaa移転後の初記事です、以前はNews-Handlerにいました。一応自己紹介なんですが、以前書いたものを引っ張ってきただけですが。。。


「ちょっと来てくれるかな…」本屋で働いていた私は、ある日店長に呼ばれました。その当時、少年・青年コミックの担当をしていたから、これからの商品展開についても話しかと思いました。手渡される集英社のコミック一覧発注書、いつもの発注書とはちょっと違う不思議な発注書、ピンク色です。店長の呼び出された先に広がっていた光景は、りぼんやマーガレットと文字の入ったコミックの棚。「じゃあヨロシクね!」そう笑顔で言われた私はただ立ち尽くすしかなかったです。

売り場にあるコミックと発注書とのにらめっこ。「ママレードボーイか、子どもの頃にアニメで見た記憶あるなあ〜」正直な話、少女マンガに関する知識がある一時期を境に停まっている。誰もが中学生になったらりぼんを卒業していったように、私もまたマンガから卒業していったからかな。
今思うと少年コミックの方も「仕事を覚えれば私を高く評価してもらえる。信用されればシフトも増えるはず」という気持ちでした。一応は弟の買って来るマンガをチェックしたり、前任者から教わった知識によってふんばっていました。でも少女マンガ担当者が急に退職、何も教わらないまま私のところに引継ぎです。さすがに店長に指示を仰いでも「ランク高いの適当に入れればいいよ☆少女マンガなんかそんなに売れないし☆」としか言わない。それからしばらくして、私は本屋を去っていきました。

それから1年たったと思います。私は何故かまた本屋で働いていました。そこでは新人だから、来る日も来る日もシュリンクの毎日。今日もまたパラダイスキスが一箱来た。「もう平積みでストッカーも満杯なのに」延々とシュリンクしているのに疲れたのか、ついつい店長に愚痴をこぼしてしまった私。気付いた時には遅かった、毎月3日はりなちゃ、5.25はマーガ、花ゆめ、少コミに目を通す。そんな私もコミック担当、前と違うのは給与の大半が少女マンガに消えていく事ですね。

そんな訳で、このブログは少女マンガについて本屋さんの立場を含めて書いていきます。作品についての感想がほとんどになりますね。マンガ家の方には申し訳ないのですが、敬称略って事になるかもなのでよろしくお願いします。痛い年齢なので、駄文を書き連ねる事になりますが、何か感じたら足跡でも残してください。最後に、ヲチ板に晒すのは勘弁ね。



makiって申します、以後お見知りおきを。。。


今は本屋さんの方は辞めてしまいました。色々とキツイことがあったので、反動なのか暫くマンガとも離れてしまったのですね。
だけど、これからの自分の歩む道も見えてきた。マンガを読んで何かを感じるまでになってきたので、新しいSeesaaで生まれ変わろうと思います。スタイルは以前とかわりないように、過去の記事を完全に移しつつ、新しいマンガについて書いていこうかなって思っています。
焦らず、ゆっくりと、燃え尽きないように進みます。リンクはフリーです、コメントやトラックバックもお気軽にお願いします。

それでは、ごきげんよう。

追伸
posted by maki at 02:21 | 埼玉 ☀ | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記 | 投票

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。